自社で社員を教育をすることのメリット

欠点を改善させることができる

自社で社員教育をすると、欠点を改善させることができます。社員教育を受ける人材は、普段一緒に働いているので良い部分も悪い部分も熟知しているはずです。良い部分はそのまま順調に伸ばしてもらえれば良いですが、問題は欠点です。コミュニケーション能力が低かったり、パソコン操作に問題があるなど欠点は様々なので、その人に合ったプログラムが求められます。社員教育を外部の会社に任せると、そこまで細かいプログラムは設定できません。外部の会社が決めたプログラムを参加者が遂行するという流れです。また、教育を受ける人材が欠点を自覚していないことも考えられるので、客観的な視点で指摘できるのは有益です。欠点が無くなれば、社会人としても一歩前進できます。

費用があまりかからない

自社での社員教育のメリットとして見逃せないのが、少ない費用です。会場も自社の一部を使えば当然無料ですし、別途交通費や宿泊費が増える訳でもありません。何より、外部の研修会社を呼ぶ費用がかかりません。もちろん、費用節約だけを考えて形だけの社員教育をしても無意味ですが、費用があまりかからない分積極的に開催しやすいです。そして、教育したことが即座に反映されているかチェックできるのも有益です。もし反映されていなければその部分を追求できますし、最悪教育のやり直しも場合によってはあります。これも費用があまりかからないからこそ実現が可能です。頻繁に開催すると教える方も教わる方も疲れるので、適度な回数が求められます。